人毛醤油

人毛醤油

人毛醤油(じんもうじょうゆ)とは、中華人民共和国で2004年頃より報道された粗悪食品の一つで、頭髪などの人毛を原料として製造した醤油である。毛髪醤油ともいわれる。人の髪の毛で醤油を作るって発想がすごいですよね。気持ち悪いと思う以上にどうして髪の毛でお醤油を作ろうなんて発想に至ったのかが気になります。

製造

頭髪は、中国東北部や華北などにおいて、1キログラムあたり1元(人民元)の対価で理髪店から収集し、簡単な選別作業ののち、再び1キログラムあたり1.8ドル程度で山東省や河北省などの化学工場に転売される。工場で塩酸の水和他の化学的な提練を経てアミノ酸溶液にする。この溶液が中国各地の中小の工場に再び転売されて醤油の材料となった。醤油には中国政府によってアミノ酸含有量に規制があるが、人毛醤油はコストダウンのために大豆などの一般的な醤油原料の使用を減らし、頭髪に由来するアミノ酸で補ったものである。

報道

記者たちの間で頭髪を原料にした醤油のことが話題になっていたところから取材が始まった。頭髪からアミノ酸を抽出して作られた醤油は、秘密裏に日本などの外国へ輸出されるという。2004年1月、中国の国営テレビ局中央電視台の番組「毎週質量報告」で不潔な人毛を含む醤油である「毛髪醤油」が放送された。番組ではどのようにしてアミノ酸の液体または粉末を精製するのか訊ねると、製造者は人毛からだと答えた。人毛は国内の美容院や理容店、病院から集められた。収集した頭髪には、ゴミ(使用済みのコンドームや、使い古した病院綿、使用済みの生理用品、使い古した注射器など)が混入しているという。その後、中国政府は人毛を使って醤油を作ることを禁止した。しかし、この放映は中国国内ではそれほど話題にならなかった。

2005年10月、遼寧省瀋陽市の新聞「沈陽今報」が毛髪醤油を追跡報道し、中国全土で大きな反響が起きた。「沈陽今報」記事によれば、毛髪醤油にはガンを誘発する物質が含まれており、政府は生産禁止命令を出してているにもかかわらず、悪徳商人による毛髪醤油生産はなくならないとされた。

髪の毛を増やしたいんですが… MASTなら安心の制度や、住めば住むほどお得な特典などサービス色々!賃貸 上尾MASTなら家賃でポイントが貯まり、住み替え時には最大家賃3ヶ月分サービス!お得に住むならMASTWEB埼玉に決まり!

危険性

そもそも人毛は水銀やヒ素などの含有量が大きいが、原料とされた頭髪は染色されているものが含まれている上にゴミも混入しており、きわめて不衛生であったという。よって鉛や塩素プロパノールなどのほか、発癌やてんかんを引き起こす怖れのある有害物質を含んだものも流通したとされている。

日本における人毛醤油

日本国内で昭和初期に大門一夫に より毛髪の研究の一環として、人間の廃毛髪を原料とした醤油の研究が行われた。醤油に良く似たものが出来たが、コスト的に商業レベルの実用には耐えない物 であったため広まることは無かった。研究結果として、同じ方法で髪の毛ではなく大豆類の植物の茎や葉、搾りかすや皮などを粉砕したものを用いたほうがコス ト的にも品質的にも優れた物が出来た。

雑誌「ニューヘアー」1982年9月号では日本でも戦中から戦後の物不足時代には「毛屑から代用醤油が作られた」と毛髪研究家が記しており、製法は毛屑を10%の塩酸の中に入れて24時間ほど煮沸した後に濾過して苛性ソーダで中和させるものだった。また日本の企業も頭髪から工業用アミノ酸を製造していたが、人毛を収集する「毛塵屋」の人件費がかさみ、現在では製造されていない。

代用醤油

代用醤油(だいようしょうゆ)とは、さまざまな原料を用いて、醤油の代用品として製造した調味料。髪の毛以外にもあらゆるもので醤油を作る試みが行われていたようです。第二次世界大戦前後、日本では物資の不足のため、本来の醤油醸造に必要な原料である大豆や小麦の入手が困難となり、醤油の生産量が低下した。さらに戦後、醤油は配給品となり、流通量が不足することとなった。参議院において「加工水産物、蔬菜、味噌、醤油等についてもその配給量を増加し得るような方策を講じ」と、増産と流通統制が提案されているように、食糧不足の中でもさらに重要な問題として扱われていた。 しかし普通の醤油は、原料の問題のみならず醸造のために大規模な設備と長期間の醸造期間を必要とし、短期間での増産はできない。そのため代用品として、醤油粕を塩水で戻し、さらに絞ったものを用いたり、魚介類やサツマイモの絞り汁、海草などを原料として用い、カラメルや、前述の醤油粕の絞り汁等で風味を調整したものを用いることがあった。これを代用醤油と呼ぶ。

原料

醤油の味と香りに似せるためには、うまみ香りを得る必要があり、物資不足の際は入手可能な様々なものを原料としている。その際は動植物を問わず生産の原料とされ、研究対象としては、人間の廃毛髪を原料としたものも検討された。

魚介類

魚醤は漁港など、魚介類が豊富な地域では小規模な生産が可能であり、秋田県男鹿半島の「しょっつる」や石川県能登半島の「いしり」等、伝統的に用いられているものもあり、独自の調味料として食文化が成立しているが、代用醤油の一種や、その原料として挙げられることがある。その場合、ハタハタ、イカナゴ、イワシ(コウナゴ)等が原料として用いられる。

その他動物

カイコの蛹はタンパク質を多く含み、アミノ酸原料として用いられることがあった。鯨ひげもケラチンなどのタンパク質からなることから、同様に利用された。

植物

大豆粕(現在の脱脂加工大豆)は、油脂製造の副産物として得られる。また、海草を原料として用いたケースもあった。ほかにおからやフスマを使用したこともあった。

小麦・大豆の摂取による食物アレルギーを防止するために、アワ・ヒエ・キビを材料とした〈しょうゆ〉も存在する。

その他

大門一夫により毛髪の研究の一環として、人間の廃毛髪を原料としたアミノ酸溶液の製造が試みられたとされる。製造方法は、毛髪を塩酸で10時間程度煮て加水分解し、アミノ酸やペプチドに分解することで醤油に良く似た水溶液を作り出していた。しかし、揮発成分に乏しく香の点では本物に劣っていた。現在ではオートクレーブを用いて短時間で製造することも可能である。

製造法(代表的なもの)

池田菊苗のアミノ酸研究の一環として、さまざまな原料を用いたアミノ酸液製造の実験が行われた。その方法として、原料を塩酸で煮沸することでタンパク質を加水分解してアミノ酸としたものを、水酸化ナトリウムで中和することで、中性の食塩水溶液としたアミノ酸液を得ることができた。代用醤油は、主にこのアミノ酸液に風味をつけたものである。現在、大豆および小麦を用いて作られたアミノ酸液は、醤油諸味および醤油と混合することで、醤油とすることができる。

風味

当時の文献によると、醤油粕を用いたものは以下の様に述べられており、色、香、味ともに醤油とは異なっていた

しかしながら、魚醤など、原料それぞれに独特の香りや味わいがあり、嗜好に適したものも作られていた。

ヘアケアしてますか?
ページの先頭にもどる