辮髪

辮髪

みなさんはスキンヘッドが頭頂部から三つ編を垂らしているというヘアスタイルを見たことはありますか?漫画やゲームなどで中国の拳法家なんかがそういう頭をしてますね。その日本ではそうそうお目にかかれないクレイジーなヘアスタイルは辮髪(べんぱつ、弁髪、満州語:soncoho、中国語:辮髪)というそうです。主に北東アジア民族の男性の髪型で、頭髪を一部を残して剃りあげ、残りの毛髪を伸ばして三編みにし、後ろに垂らした。満州族の清朝中期以降の前頭部を剃り後頭部を伸ばすスタイルが有名だが、契丹族の頭頂部のみを残すスタイルや、モンゴル族の両側頭部を残すスタイルなど、民族や時代により様々なスタイルの辮髪があった。

清朝の辮髪

満州族(女真族)が清朝を樹立(1644年)すると、敵味方の区別をするため順治帝の摂政ドルゴンは漢民族にも「薙髪令」を1644年と1645年に出し、辮髪を強要した。儒教では毛髪を含む身体を傷付ける事は「不孝」とされ、タブーであった。そのため、漢族は辮髪導入に抵抗したが、清朝は辮髪を拒否する者には死刑を以って臨み「頭を残す者は、髪を残さず。髪を残す者は、頭を残さず」と言われた。 19世紀には辮髪は完全に普及し「中国的な風習」と見なされる様になり、辮髪を辞めていた太平天国の乱の民族革命軍を「長髪賊」と呼んで弾圧した程である。しかしながら、近代になると「反清」を標榜する証として辮髪を切る者も現れた。清朝の時代であった1911年まで「薙髪令」は続き、辮髪は民族としての義務となり、僧になり出家した者と禿頭(とくとう)以外でこの辮髪にしない者は死刑を含む処罰をされた。

1911年に清朝が倒れると廃れたが、中華人民共和国成立当初の農村部で、雀駆除をする辮髪の男性の映像が残されている。

実際の日常では、体を大きく動かす動作の際に辮髪が地面に触れて汚れたり邪魔にならぬ様、縄状の毛髪部分を衣服の襟首に巻き付けたり、鉢巻の様に頭に巻くことが多かったという。

満洲族の辮髪は頭頂部の毛髪を残して剃り上げるが、漢民族の辮髪は後頭部を残して剃りあげた。

髪の毛を増やしたいんですが…

ポップカルチャーでの辮髪

日本人の間では、ゆでたまごの漫画のキャラクター、ラーメンマン(「闘将!!拉麺男」)等に代表される様に、今でもドジョウ髭とセットで中国人(漢民族)のイメージとして残っている事が多い。

プロレスラーのキラー・カーンは一時期、辮髪を結っていた。ただしギミック上カーンはモンゴル・スタイルであって、満州族の頭髪とは矛盾があった。

ラーメンマン

ラーメンマンは、ゆでたまごのプロレス系バトル漫画『キン肉マン』およびその続編『キン肉マンII世』に登場する架空の人物。

同作に多数登場する、人間をはるかに超える戦闘能力を持つ「超人」のひとりである。中国を代表する超人で、中国拳法を駆使して闘う。非常に多彩な技を持ち、その数は1000万に及ぶとも言われる。面長な顔に、頭頂で結った弁髪と細長いどじょう髭、額の「中」マークが外見上の特徴。他の超人と比較して余分な筋肉の付いていないスマートな肉体をしており、特に作品初期〜中期は骨張った痩せ形の体型で頬骨の張った顔をしていた。後期にはキン肉マンと比べてかなりの長身として描かれている。

初登場は第20回超人オリンピック編「最後の8人めの巻」。対戦相手を惨殺するなど残虐超人の筆頭に数えられていたが、主人公のキン肉マンをはじめ数々の戦いを経るうち正義超人として活躍するようになる。残虐超人時代もリングを降りれば紳士で、また自らの肉体を駆使した残虐ファイトを身上とし凶器攻撃は好まない。性格は人格者であるように描写されることが多いが、アニメ初登場時は怪しげな中国人風口調を使いコミカルに描かれていた。実力はロビンマスクをして「天才」と評させ、キン肉マンゼブラも「悪魔のような強さ」と戦慄するほどである。

その人気は主人公の「キン肉マン」を凌ぐ程であり、読者からのみならず、作中の他のキャラクターや観客までがラーメンマンの雄姿に涙を流すほどである。1980年に発表された最初の人気投票では人気超人・悪役超人の両部門で3位を、1983年発表の第2回では1位を獲得している。1984年の第3回ではラーメンマンと、もうひとつの姿であるモンゴルマンが同時に、それぞれ4位と7位にランク入りした。作者は当時単なる一悪役で終わらせるつもりであったが、超人オリンピック編の3位決定戦で一気に人気が出、読者に育てられる形で成長していったキャラクターであると語っている。この人気に応えるようにして、ラーメンマンを主人公とするスピンオフ作品『闘将!!拉麵男』も執筆された。これに登場する美来斗利偉・拉麵男(ビクトリー・ラーメンマン)は別の世界観における超人であり、『キン肉マン』に登場するラーメンマンとは別人とされているが、後述のように近年は『闘将!!拉麵男』における拉麵男の設定が、一部取り入れられている。

得意技
キャメルクラッチ
うつ伏せ状態になった相手の背中に乗り、首から顎を掴んで相手を海老反り状にする技。実際のプロレス技でもあるが、ラーメンマンの場合は相手を真っ二つに裂くまでその手を止めない。立ったまま相手を痛めつけるスタンディングキャメルクラッチも存在する。モンゴルマン時代は正体を隠すため、この技を自ら封じていた。『究極の超人タッグ編』では「美来斗利偉・解腹折り(ビクトリー・かいふくおり)」の別名が与えられた。
レッグ・ラリアート
ロープにふって跳ね返ってきた相手の顎めがけ、ジャンプしながら放つ強烈な回し蹴り。モンゴルマン時代に多用し、この技を4000年も前から使っているとコメントしていた。アニメでは、後ろ回し蹴りを相手の顎に叩きこむようになっている。違いは不明だが、フライング・レッグ・ラリアートも存在する。
ヘアーネット
モンゴルマンとして使用。弁髪を網状に広げる。
ヘアケアしてますか? 流行にも敏感な静岡 住宅で理想のお住まいを探してください。社会の変化に応じて和風住宅、洋風、欧風住宅と流行は様々に変化しています。
ページの先頭にもどる